「下鴨神社 糺の森の光の祭」ー世界遺産の森に広がる神秘的な光のアート空間

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

下鴨神社 糺の森の光の祭

 

2016年8月17日(水)から8月31日(水)にかけて、「下鴨神社 糺の森の光の祭」が開催される。

今回は、光のアートによる新しい伝統を作り出す試みだ。

世界遺産である森の参道を光のアート空間する作品「Resonating Trees – Forest of Tadasu at Shimogamo Shrine/呼応する木々 」と、下鴨神社の楼門の中の空間に「Resonating Spheres – Forest of Tadasu at Shimogamo Shrine/呼応する球体 」を展示、参道沿いの木々と楼門内をライトアップする。

神話の世界 のような幻想的「光のアート空間」、下鴨神社の新しい側面を見ることができる。

 

呼応する木々/Resonating Trees

世界遺産である下鴨神社の糺の森の中の参道沿いの木々がライトアップされ光り輝く。 木々の光は、それぞれ自律しており、ゆっくりと呼吸するかのように強く輝いたり消えたりしている。

木々の光は、鑑賞者や動物が近くを通ると、光の色を変化させ音色を響かせる。そして、その木の光は次々と伝播していく。

長い参道の向こうの方から光が押し寄せてくれば、向こうに、人や森に住む動物がいることを意味する。人々は同じ空間にいる他の者の存在を普段より意識するだろう。

下鴨神社 糺の森の光の祭

▲人が歩くのに合わせて光と音響が反応する

 

▼動画はコチラ

 

スポンサーリンク
女性向けアクセサリー【BETY'S】

 

呼応する球体/Resonating Spheres

下鴨神社の楼門の中の空間にただよう光の球体は、自律し、強く輝いたり消えたりし、まるでゆっくりと呼吸しているかのようにふるまう。

光の球体は、人が叩いたり何かにぶつかったりして衝撃を受けると、光の色を変化させ、色特有の音色を響かせる。そして、そのまわりの球体も呼応し、同じ光の色に変化し音色を響かせていく。そして次々にまわりの球体も連続的に呼応していく。

球体の近くの木の光も、同じように呼応する。木の光は、楼門を超え、参道の木々の光も呼応し、光の色を変え、音色を響かせる。また、参道の木々の光も、楼門を超え、楼門の中の木の光に伝播し、同じように、近くの球体は呼応する。球体の光も、参道の木々の光も、楼門を超えて、互いに呼応し連続する。

人々は、楼門を超えて、同じ空間にいる他の人々や動物達の存在を普段より意識するだろう。

下鴨神社 糺の森の光の祭

▲「呼応する球体」。桜門の中に光の球体が漂い、衝撃を加えると音響とともに光の色が変化する。

 

下鴨神社 糺の森の光の祭

 ▲神話の世界 のような幻想的「光のアート空間」

 

▼動画はコチラ

 

下鴨神社 糺の森の光の祭

会期: 平成28年 8月17日(水)~8月31日(水)

会場: 京都府 下鴨神社(賀茂御祖神社)〒606-0807 京都市左京区下鴨泉川町59

参加費: 無料

開館時間: 18:00~21:30

 

スポンサーリンク

楽天トラベル

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
サブコンテンツ

このページの先頭へ