猫の動体視力テストがかわいかった

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

猫の動体視力テストがかわいかった

猫の動体視力テストがかわいかった

猫ちゃんの前に並べられたカップのひとつに、ボールを入れてしっかりとシャッフル。

ボールが入っているカップはど~れだ?
猫ちゃんは、そんなの簡単簡単!と言わんばかりにボールの入っているカップをタッチ。
難易度を上げてカップをひとつ増やしてみても猫ちゃんはボールの入っているカップをタッチ。すごい動体視力ですね。かわいい (^^)☆

 

▼動画はこちら、ぜひ確認してみてください!

 犬&猫のペット用品店【ペッツデポタウン】

 

猫が動いているものを認識する能力に関しては、対象が1秒間に25~60度移動しているときに最大限発揮されます。これはちょうど、小動物がちょこまかと動くときのスピードです。一方、ゆっくり動いている物を見分けることは苦手で、1秒間に1~3度くらいしか動かないものは、もはや「止まっている」と認識されます。

蛍光灯の光は、猫の目から見ると単なる光の点滅として見える  動きの識別能力を表す「フリッカー融合頻度」に関し、猫は人間よりも優れているというのが通説です。フリッカー融合頻度とは、目が1秒間に取り込むことのできるスナップショットの数のことで、この度数が高ければ高いほど、高速で点滅する光の間に挿し挟まれる暗闇を認識することができます。一般的に人間のそれは「60/秒」程度と言われていますが、私たちの目には連続した光として見える蛍光灯やテレビ画面も、猫の目にはチカチカした点滅に見えていると考えられます。

 

 

【スポンサーリンク】

洗顔だけで2トーン上の明るい肌に↑↑↑↑【どろ豆乳石鹸どろあわわ】 7つの美容液成分が爪を保護・補修する美容液ネイル「美爪の休日プレミアム」

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
サブコンテンツ

このページの先頭へ