ソフトバンク孫正義の生い立ち

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

「ソフトバンク孫正義の生い立ち」
 

ソフトバンク孫正義の生い立ち

  ①福岡の学生時代

 1957年8月11日、佐賀県鳥栖市に在日韓国人3世として生まれる。4人兄弟の次男。

正義の祖父は韓国南部の大邱(テグ)から九州に移り住み、筑豊炭田で坑夫として働いていた。父は、パチンコ屋や不動産業など、様々な事業を行いながら一家を支えた。当時も依然として民族差別は激しく「幼稚園のときなんか、頭を友達に石でぶたれたんですよ。これは衝撃で、以後自分の出自を隠すようになった」と、普段日本のマスコミには口にしない苦い思い出を、米国経済誌「BusinessWeek」では話している。小中学校では生徒会長を務める。子供時代は「腕白でガキ大将」だった孫は、サッカーに夢中になったときも熱心に練習し、鉄ゲタを履いて投稿するなど、当時から負けん気の強さを発揮していた。

コチラより抜粋  

 

▼ソフトバンク孫正義の生い立ち①動画はこちら

楽天カードでポイント生活はじめよう!

 

 

 

ソフトバンク孫正義の生い立ち

 

②朝鮮部落・無番地時代・佐賀県鳥栖市

「自殺しようかと思うぐらい悩んだ。それぐらい差別というのはつらい」 ソフトバンクの孫正義社長は、在日韓国人という生い立ちから差別を受け続けてきた。幼少期は実生活で攻撃を受け、幼稚園時代には日本人の子供から「朝鮮人!」とののしられ、投げつけられた石で頭から血を流すこともあった。今でもネット上などで罵詈雑言を浴びせられ続けている。著書「孫正義の焦燥」では経営論に絞るために最低限の記述にとどめたが、孫社長は筆者のインタビューで差別についても語っている。後半で言及する「希望の光」や「ジャパニーズヒーロー」という考え方は、孫社長の事業意欲の源泉でもある。

コチラより抜粋

 

▼ソフトバンク孫正義の生い立ち②動画はこちら

こんなに安いプロバイダーがあったとは

 

 

鳥栖市以外でも、いたる所に朝鮮部落はあります。在日朝鮮人への人種差別もあります。その当時は、もっと差別は強かったと思います。その逆境の幼少期の中から、坂本竜馬に憧れ、志を高く、成すべき事をみつけ、それに向かってまい進する。この動画を見て、今まで思っていた孫正義とは違い、太く強い心の持ち主なんだと感じました。これからもがんばってください (^^)☆

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
サブコンテンツ

このページの先頭へ