安室奈美恵/言葉

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

安室奈美恵/言葉

 

私はアイドル時代

会社に操られている機械だった。

考える時間も権利さえも

与えてもらえなかった。

私は反抗し続けた。

私の人気は3年前急落した。

親友さえも

安室奈美恵は終わったといった。

メディアに媚を売って

人気を回復することは

絶対したくない。

1から這い上がってみせる。

ただもう一度歌を歌いたかった。

母の死は私を地獄へ突き落とした。

もう何もできなかった。

けど私も一人の母親なのだ。

息子のために頑張らなきゃいけない。

それが生きがい。

世間は息子を捨てた

最低な母親と思っているかもしれない。

メディアもこぞってそう書きたてた。

けれど人がどう思うと関係ない。

私は息子のため

自分のために歌い続ける。

私は自分の決めた道を

突き進むだけ。

これからどれだけのファンが

待っていてくれるか分からない。

まだまだ手探りの状態だけど

私は凄く幸せです。

 

安室奈美恵

 

 

 

スポンサーリンク

超短期ダイエットの決定版!【マスタークレンズダイエット】

こんな方にお勧め
短期間でしっかり痩せたい
・ツラい運動なしで痩せたい
お腹まわりをスッキリしたい
お化粧の乗りを良くしたい
・いつまでも若く見られたい
・もっと食べることを楽しみたい
 
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
サブコンテンツ

このページの先頭へ