『男はつらいよ』寅さんに憧れて柴又へ

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

『男はつらいよ』寅さんに憧れて柴又へ

 

糸が切れた凧のような自由人

すぐカッとなる性格だが

人情味があって憎めない

毎度 毎度 女には振られ

一人さびしく去っていく

人生いろいろ

 

そんな寅さんに憧れ、葛飾に住むようになり20年近くがたつ。 柴又帝釈天には今でも月に1~2度来ているが、なぜか心地よく飽きない。

参道には『男はつらいよ』の、あの聞きなれた歌が流れ、店並も映画のイメージそのまま、 今にも寅さんが、向こうから歩いてきそうな気がする。

 

 

「わたくし、生まれも育ちも葛飾柴又です。

帝釈天で産湯を使い、姓は車、名は寅次郎、

人呼んでフーテンの寅と発します。」

 

 

 

『男はつらいよ』寅さんに憧れて柴又へ

山田洋二 石碑

 

柴又は、もともと柴又帝釈天の門前町として知られていたが、映画『男はつらいよ』の舞台となり、全国に知られる有名な街となった。

今では東京の観光名所の一つだ。

柴又帝釈天は江戸の初期に開かれた日蓮宗の寺院。 帝釈天の参道は、下町情緒あふれる風景が残る場所。 古い街並みを眺めつつ名物の草だんごや、おせんべいの食べ歩きは、この参道の醍醐味だ。

 

 

食べ歩き

柴又おでん 大国屋

まずは、駅前の大国屋のおでん」を食べる。

地元のおばちゃん達も、夕飯のおかずに大量買いしていく、安くてうまいことで有名なおでん屋だ。

 

柴又 大国屋おでん

もちろん食べ歩きもできる。

 

柴又ハイカラ横丁

次は 「柴又ハイカラ横丁」こどもだけでなく大人にも大人気の駄菓子屋だ。

帝釈天に向かう通り沿いにあるので、たいていの人は立ち寄ってる。

 

柴又ハイカラ横丁 駄菓子屋

この品揃えの多さはは都内でも珍しい。 

こどもたちには、えらぶ楽しさを味わえて大人気だ。

夏のあったかい日は、ここで買った棒アイスを食べながら参道を歩く。

懐かしい子供のころの想い出がよみがえってくる。

 

柴又 もつ煮込み

これは、駄菓子屋の前で売っている「もつ煮込み」

食べ歩きができるようにクシでさして食べる。

この濃厚な味がうますぎて、ついビールを飲んでしまう!魔性の味だ!

 

柴又 「ゑびす家」

ここ参道入り口「ゑびす家」は、江戸時代から続く川魚料理の老舗中の老舗。

なかでも、うな重は格別にうまい。

 

柴又 「ゑびす家」のうなぎ

なんで柴又で川魚料理がが名物なのかと言うと。柴又界隈の農家が、副業で江戸川で取れる川魚をふるまうようになったのが起源なんだそうだ。

 

柴又帝釈天参道 せんべい

参道には1枚売りのおせんべい屋草だんご屋が軒を連ねている。食べ歩きにはもってこいだ。

 

柴又 草だんご

名物の草だんご。 うまい!

 

柴又 高木屋老舗

ここは、寅さんゆかりのお店『高木屋老舗』

映画「男はつらいよ」の撮影の度に、休憩や衣装替えに部屋を貸していたことがきっかけで「寅さん」と付き合いが始まったそうだ。

 

柴又 高木屋老舗

今でも店内には、たくさんの写真などが展示されており、当時「寅さん」が座っていた席を予約席として大事にしているのだそうだ。

 

柴又 とらや

こちらは、映画「男はつらいよ」の第1作目から第4作目まで、寅さんの実家として撮影された 食事処『とらや』

お土産は柴又名物「草だんご」一筋。

 

 

柴又 川千家

ここは創業250年、老舗中の老舗。 鰻(うなぎ)・鯉(こい)・川魚といえば 『川千家』

 

 

柴又帝釈天参道

あれに見えるは柴又帝釈天。

 

 

柴又帝釈天 参道

昔なつかしの人情と風景がのこる下町

柴又帝釈天参道

ここは映画同様

お正月がとてもにあうところだ

 

スポンサーリンク

━[芸能人愛用バッグ]━━━━
BEAMSなどオシャレが集まるショップに取り扱われているFREDRIK PACKERS(フレドリックパッカーズ) 
あの梨花さんや山田孝之さんも絶賛のバッグ!
芸能人も愛用するあのバッグが この価格で買える魅力。 

 

 

周辺観光スポット

寅さん記念館 看板

 

見どころたくさんの柴又周辺は下町情緒を体感する定番観光スポットです。

活気のある帝釈天参道や静かな川沿いなど昔の情緒を今に残した都内の観光地として人気です。

駅から近い場所に名所が揃っているので、歩いての観光にぴったりです。

ぜひ下町情緒を味わいに柴又観光に出かけてみてはいかがですか?

 

柴又地図

 

 

寅さん記念館

寅さん記念館

柴又駅から徒歩8分ほどの場所にある寅さん記念館。

実際に使われていたセットが移設されており、当時の雰囲気をそのまま体験することができます。寅さんグッズの販売もありますのでお土産にもいかがでしょうか?

柴又の大人気観光スポット。

→ 詳細はコチラ

 

 

山田洋二ミュージアム

山田洋二ミュージアム

『男はつらいよ』をはじめ、数多くの作品を手がけた山田洋次監督の映画作品を紹介する「山田洋次ミュージアム」。

「山田洋次ミュージアム」では、『男はつらいよ』シリーズと平行して作られてきた「山田洋次のもう一つの世界」と呼ばれる作品群を中心に紹介しています。

それぞれの作品制作当時の社会背景や描かれた人物像、監督の映画づくりへの思いを知ることができます。

→ 詳細はコチラ

 

 

山本亭

山本亭

寅さん記念館のすぐお隣にある山本亭は日本庭園の美しい西洋建築を取り入れた建物です。

寅さん記念館とのお得なセットチケットもありますのでぜひお得にご利用してみてください。

建物内部を見学でき、庭園や茶室など当時のモダンな西洋建築の趣を感じながら喫茶では抹茶を飲むこともできます。

→ 詳細はコチラ

 

 

矢切りの渡し

矢切りの渡し

江戸時代初期から続き、都内で唯一渡し船に乗れる場所として人気の観光スポット。

のんびりとした手漕ぎの船を体験できますよ。

葛飾区から対岸の千葉県まで江戸川を渡る昔の交通手段を体験できる人気スポット。

→ 詳細はコチラ

 

 

江戸川河川敷

江戸川河川敷

江戸川の堤防上はサイクリングロードとして整備されているので、天気のいい日には爽快に走りたい。

山田洋次ミュージアム2階にレンタサイクルセンターがあり、柴又公園をスタートに「とんがり帽子の取水塔」を眺めつつ水元公園までサイクリングはいかがですか?

→ 詳細はコチラ

 

 

柴又イベント

1月 元旦、初詣

2月 節分会

4月 さくらまつり

7月 葛飾納涼花火大会

8月 寅さんまつり

9月 柴又宵まつり

 

庚申

柴又には庚申という縁日が二ヶ月おきに行われます

庚申の日に帝釈天にくると駅から参道までは屋台がぎっしり。

 

初詣

大晦日から年越しにかけて参道は参拝客で賑わっています。

屋台や近くのお店も賑わい、一時眠らない街と化します

3日ぐらいまでは参拝客でいっぱいです。

 

 

 

 

 

男はつらいよ あばよ

 

 

「労働者諸君!稼ぐに追いつく貧乏なし、か?

結構、結構、結構毛だらけ、ネコ灰だらけ

尻(しり)の周りはクソだらけ、か!」

 

あばよ!

 

END男はつらいよ 

 

 

【スポンサーリンク】

 エチケットに悩む男性のために生まれた石鹸AGICA【アジカ】 エチケットに悩む男性のために生まれた石鹸AGICA【アジカ】  楽天ランキング常連★男の濃いヒゲ・ムダ毛対策【アフターシェイブローション】 楽天ランキング常連★男の濃いヒゲ・ムダ毛対策【アフターシェイブローション】

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
サブコンテンツ

このページの先頭へ