「だっこのしゅくだい」大人が童心にかえれると話題になっている!

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

だっこのしゅくだい

 

今、ネットで話題になっている「だっこのしゅくだい」というお話を知っていますか?読んでみたら童心にかえれるような心温まるお話でしたのでご紹介します。

 

「だっこのしゅくだい」  

 

せんせいが、「きょうのしゅくだいは、だっこです。 おうちの人みんなにだっこしてもらってね」といいました。

ぼくもみんなも「ええーっ」とびっくりしました。

だって、だっこのしゅくだいなんて、はじめてだからです。

なんかはずかしいとおもいました。

でも、うれしかったです。

いそいでいえにかえりました。

いえにかえって、すぐ、おかあさんに、 「だっこがしゅくだいにでたんよ。しゅくだいじゃけえ、だっこして」 と小さいこえでいいました。

おかあさんは「へえー、だっこのしゅくだいでたん?」 とびっくりしました。

でも、すぐ「いいよ」とにっこりしていってくれました。

おかあさんはすわって、ぼくをひざにのせて、りょう手できゅうっとだきしめてくれました。

おかあさんのからだはぬくかったです。

だっこしてもらっていたら、ぼくのからだもぬくくなりました。

ぼくが「おうちの人みんなにだっこしてもらわんといけん」といったら、 おかあさんがちっちゃいばあちゃんに 「だっこしてやって」といってくれました。

ちっちゃいばあちゃんは、わらって「おいで」といって、だっこしてくれました。

そして、「大きゅうなったねぇ」といってくれました。

つぎは大きいばあちゃんにだっこしてもらいました 。

大きいばあちゃんはぼくをだっこして「おもとうなったのう」といってくれました。

さいごはおとうさんでした。

おとうさんは、いきなりりょう手でぼくのからだをもちあげて、どうあげをしてくれました。

ぼくのからだは、くうちゅうにふわっとうかんで、きもちよかったです。

おとうさんは、ぼくをゆっくりおろして、ぎゅっとだきしめてくれました。

おとうさんのからだはぬくかったです。

ぼくは、またしてもらいたいとおもいました。

だっこのしゅくだいがでたから、かぞくみんなにだっこしてもらいました。

さいしょははずかしかったけど、きもちよかったです。

だっこのしゅくだい、またでたらいいなとおもいました。    

 

パリ発!0~16歳のモードなプレミア子供服オンラインショッピングサイト!

▲おめかし専用子供服

 

これはある小学校1年生の子の 作文だそうです。  

小学生のお子さんをお持ちの親御さんに見てもらいたいと思いました。

子供にとっての親はかけがえのない存在です。

子供が小さいうちは、だっこしたり、おんぶしたり、頬ずりしたり、手を握ったり

ぬくもりを感じるようなスキンシップで、思いっきりあまやかしてあげましょう。

子供が大きくなるとできなくなりますよ。

こんな宿題を出した先生 本当に素晴らしい。  

だっこ良いですね!  

子供に戻りたくなりました!^^        

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
サブコンテンツ

このページの先頭へ