社員を幸せにし、社会的弱者を救うのに懸命な経営者がいます。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

社員を幸せにし、社会的弱者を救うのに懸命な経営者がいます。    

 

大阪に山田硝子店という超優良企業があります。

 

話題を呼んだ超高層ビル「あべのハルカス」の内装ガラス工事は、この会社がすべて請け負いました。

年商約30億、従業員数百余名の中小企業ですが、50年にも渡って黒字経営を続ける老舗です。

現在、相談役の山田晶一さんは、1961年に父である初代社長の急死により、学生のまま、この会社の社長業を受けることになりました。

社長になった当時、この会社の経営状態は悲惨なものでした。

それまで実質的に会社の指揮をとっていた 二人の姉の夫たち(義兄)が、とんでもない放漫経営をやっていたのです。

負債が一億数千万円(現在では十億ほどに相当)。

二人の義兄が毎晩飲み歩き、その上、融通手形の乱発で大損をし、取引銀行からは見放され、高利貸しに多額の借金をしていたのです。

上がそうなら、腐敗は下にも及びます。

資材の横流しなど、不正を平気で行う空気が蔓延していたそうです。

しかも山田さんが新社長に就任後、義兄は、優良な取引先すべてを抱えて退社し、自分で独立したのでした。

返す当てのない借金と心が乱れきった社員たち。

裏切りと背信に追いやられ、山田さんは死んで楽になりたいと思うようになりました。

大学を卒業してまだ2年目の山田さん、心はすっかり荒みきって、睡眠薬一瓶と縄跳びの紐を持ち、大阪城に足を向けました。

山田さんは一気に一瓶の睡眠薬を飲み干し、桜の枝に紐を張りました。

そこから先の記憶は山田さんにありません。

幸いにして、桜の木の枝が折れ、倒れているところを通行人に発見されて一命を取り留めたのです。

生き返った山田さんは思いました。

「神様は私を死なせてくれませんでした。 まだお前にはやることがあるだろう。 そんな声がどこからともなく聞こえてきたような気がします。 一度は亡くした命。 ならばこれからは私利私欲や自己愛を捨て、他人への愛のために生きよう」 24歳の春。

山田さんの人生の中で、その日は最も大きなターニングポイントだったのです。

さて、しかしここからがまた大変でした。 死ぬことさえ許してはもらえなかった。

自分に残されたものは何一つ無い。

プライド、恥、弱さ。

山田さんは、そのすべてをさらけ出す覚悟を決めました。

当時の主要仕入れ先はセントラル硝子という会社です。

支払も滞りがちで、このままでは仕入れさえもできなくなります。

山田さんは、セントラル硝子の山本直一課長(故人)の自宅へと向かいました。

山田さんは、山本課長にすべてをさらけ出しました。

借金の膨大さと、危うい経営状況に山本課長は驚きを隠せませんでした。

これで、セントラル硝子との取引はダメになるかもしれない。

そうなればもう打つ手はない。

山田さんはじっと目をつぶって山本課長の言葉を待ちました。

山本課長は、ぐっと山田さんを見据えて、 怒りをこめて言いました。

「どうして、もっと早く言ってくれなかったんだ!」 山田さんは返す言葉も見つかりませんでした。

しかしその翌日、山本課長は、セントラル硝子の東京本社に飛び、社長に直談判してくれたのです。

「山田硝子は、必ず立ち直ります。 この件は私に任せてもらえませんか。 すべての責任は私がとります」 一課長が社長に直談判をする。

それは通常ではあり得ない行為です。 まして、自分自身の出処進退まで賭けるというのです。

後日、山田さんは語っています。

「どうして山本課長が若輩者の私などに手を差し伸べてくれたのか。 それは今でも分かりません。 ただ山本課長は敗戦から5年間、シベリアで抑留された経験があります。 どん底を見た人間として、どん底にいた私を救おうとしたのかもしれません」まさに奇跡のような出来事でした。

セントラル硝子は真っ先に高利貸しの借金を整理してくれました。

相当な金額を一括で支払ってくれたのです。

借金の目途が付くと、山田さんは社員を集めて、現状をすべて伝えました。

すべての決算を社員に見せるなど、当時では考えられないことでした。

「今のわが社はこういう状況だ。

しかし、これらの借金を作ったのは皆さんの責任ではありません。

とにかく私がなすべきことは、皆さんを幸せにすることです。

誰一人として不要な社員はいません。 だから、力を貸してほしい。

皆で力を合わせて会社を立て直そう」 15人の社員を前に山田さんは言いました。

その力強い言葉は、もう24歳の若者の言葉ではありませんでした。

この時、社員の前で山田さんは一つの約束を交わしました。

それは過去の累積赤字を度外視して、利益が出た期には、その25%をすべての社員に還元するということでした。

ボーナスとは別個の支給です。

そこから5年で累積赤字を一掃。

それからずっと黒字経営で、これまで50年に渡り、この約束は守られ続けているそうです。

そして、もう一つ、山田さんが社員にお願いをしたことがあります。

「利益の25%は皆さんに還元します。 その代わりに利益の5%は社会で苦しんでいる、弱い人たちのために寄付をさせてほしい」 社長のこの申し出に異を唱える社員は一人もいませんでした。

いかがでしたか。 どん底から命を懸け会社を守り、社員を守り、正直に生きることで人をひきつけ幸せをつかんだ。 そんな会社が経営者が社会貢献をし、経営内容も超優良であることが素晴らしいと感じました。

 

 

参考資料:PHP特集「いいこと」を引き寄せる!より

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
サブコンテンツ

このページの先頭へ