ママが死んじゃう絵本なの?驚愕の設定に在庫切れ続出!

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

ママがおばけになっちゃった!

  ママがおばけになっちゃった!1

 

  人気の絵本作家、のぶみさんの最新作『ママがおばけになっちゃった!』という絵本をご存知ですか?ママが死んでおばけになっちゃった!という絵本らしくない驚きの設定。のぶみさん自身「これは子どもが大キライな絵本なんです」と言う反面、ママ達に大人気!発売初日に増刷、その後も日をあけずに数回の増刷を経て、発行部数が10万部を超え、Amazonでも異例の総合ランキング1位を獲得し、どのECサイトを見ても売り切れ続出の「ママがおばけになっちゃった!」どんな絵本なのか興味をそそられます!    

 

ストーリー

  ママがおばけになっちゃった!2

 

  「ママがおばけになっちゃった」この絵本は冒頭から「ママが交通事故で亡くなってしまい、おばけになって子供の前にでてくる」かなりインパクトの強いストーリーです。子供を置いて死んでしまったお母さん。深い愛情とたくましく育ってほしいと願う母の想い。子供は「僕をおいてどうして死んでしまったの?大好きなお母さんがいない。これから僕どうしたらいいの?」という不安と寂しさを乗り越え前を向いていく息子のお話。泣きが狙いなのかもしれませんが、セリフにリズム感があり、クスッと笑えるシーンも散りばめれ温かくホロリとなります。  

 

子供にはビンタ級の威力!

  マがおばけになっちゃった!3

 

  ママが交通事故で死ぬなんて子供にはビンタ級の威力。実は、子供の読み聞かせで子供達が嫌がる本でもあるんです。作家ののぶみさんも自宅で一番下の娘さんに読み聞かせてみたら、子供が祖母に「なんでママがいなくなっちゃったの!?」と問い詰めるシーンで「イヤだ〜」と半べそになり違う本を読んでとせがまれたそうです。しかし、この絵本を通じ、子どもはママの大切さに気付き、ママも子どもの大切さを再確認できるといいます。「毎日、ママやパパに甘え、一緒に遊びご飯を食べお風呂に入る」このなにげない日常が当たり前じゃない。とても幸せで素晴らしい日々だと思えるのではないのでしょうか。

 

親子で読んでもらいたい!

ママがおばけになっちゃった!4

 

    今、こうして子供と向き合え笑顔で話せる、子供をぎゅーっと抱きしめられる。もちろん子供のわがままにイライラすることだってある。そんな毎日が、愛おしくてたまらなくなる一冊。是非、親子で読んで頂きたい「だいすき」の気持ちが、大切な気持ちが、ぎゅっと詰まった物語です。  

 

 

ママがおばけになっちゃった! [ のぶみ ]

価格:1,296円
(2016/3/9 03:15時点)
感想(156件)

ママがおばけになっちゃった!

◆のぶみ/絵本作家。1978年、東京都生まれ。 絵本を160冊以上出版する人気の絵本作家。 代表作に、『しんかんくん』シリーズ、『ぼく、仮面ライダーになる!』シリーズ、 『おひめさまようちえん』 シリーズなど、累計100万部超えるシリーズを持つ。 デビューから16年目で生まれた新刊『ママがおばけになっちゃった!』は「これまで1番よくできた絵本」だという。

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
サブコンテンツ

このページの先頭へ