『お金を儲けると誰かのお金が減る?!』という質問への回答が完璧だった!

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

お金についての教育

最近ネットで話題になっている、お金に関する内容です。

Yahoo!知恵袋で「お金を儲けること。つまり自分が得をすればどこかの誰かが損をしているのではないか?本当にそれでいいのか?」という質問をした人に対してベストアンサーが付いた回答が完璧すぎるとネット話題になっています!今回はその全文をご紹介します!

 

Yahoo!知恵袋とは?

Yahoo!知恵袋とは、Yahoo! JAPANが運営する、電子掲示板上で利用者同士が知識や知恵を教え合う知識検索サービスのこと。

 

 お金を儲けると誰かのお金が減る

 話題になった「Yahoo!知恵袋」での質問とは?

 お金を儲ける事に遠慮してしまいます。 自分でもおかしいと思っているのですが、自分が得をすればどこかの誰かが損をしているのではないかと考えてしまいます。こういう考え方をなんとか払拭できないものでしょうか…

 

 お金についての教育2

 

 ベストアンサーに選ばれた話題の完璧すぎる回答の全文がこちら!

 たとえば、世界に二人(A君とB君)しか人間がいないとしよう。そして、1万円札が1枚だけあるとしよう。この時点では、世界全体の富の合計金額は、たったの1万円ということになる。

 最初、A君が1万円札を持っていたとしよう。B君はそれが欲しかったので、A君のために家を作ってあげて、A君に1万円で売ってあげた。その結果、今度はB君が1万円札の所有者となった。A君の手からは1万円札が失われたが、かわりに家が残った。この時点で世界全体の富の合計金額は2万円ということになります。(1万円札+1万円相当の家)

 次に、A君くんは、ふたたび1万円札が欲しいと思い、B君のために家を作ってあげてB君に1万円で売ってあげた。その結果、今度はA君は1万円札と家の所有者となった。B君の手からは1万円札が失われたが、かわりに家が残った。この時点で世界全体の富の合計金額は3万円ということになります。(1万円札+1万円相当の家が2軒)

 こうして、A君とB君との間を1万円札が行ったり来たりするたびに、A君とB君の手元には、様々な不動産や価値ある品物が増えていった。(つまり世界全体の富の合計金額が増えていった)

 やがて、二人は良い考えを思いついた。お互いに価値ある財物をたくさん所有するようになったので、それらを担保として1万円札をもっとたくさん作ろうと。(10万円相当の財物を担保に1万円札を10枚作るということ)

 その結果、もっと多くのお金が二人の間を行き来するようになり、もっとたくさんの財物が生産されるようになった。

 以上です。設定にやや無理がありますが、原理は真実です。世の中の各人が「お金が欲しい!」と思い、お互いに努力し、生産し、サービスを提供し、つまりは経済活動をすればするほど、世の中全体の価値ある品物・価値あるサービス・財産、つまり富は増えていくのです。

 要するに、あなたがお金を儲ければ儲けるほど、世の中全体も豊かになっていくのです。あなたがお金を儲けたということは、それに相当するだけの価値を誰かに提供したと言うことでしょう? つまり「A君に作ってあげた家」を創造したと言うことでしょう?

 あなたは儲ければならない。なぜならば、それが世の中全体を豊かにすることに直結しているのだから。

 たとえば、今中国が急速に経済成長し、国全体の富が急激に増えているのは、先ほどのA君・B君の営みを10億人規模で(それこそ血眼になって)やっているからです。つまり、多くの人々が「お金を儲けよう!」と必死で頑張ると、世の中の富は無限に増えるのです。

 今の日本が経済的に縮んで(つまり貧乏になって)いっている理由は、多くの人々が「お金を儲けよう」としなくなったからです。

 

 

「お金を稼ぐ」とは「 誰かの役に立つ 」ということ。

なんとなくは理解してましたが、ここまでわかりやすく教えて頂くと、とても納得できました。

「誰かの役に立つ」からそこに価値が生まれるわけですね!

勉強になりました。(^^)☆

 

 

 

スポンサーリンク

 

さあ、自分らしく、働こう!

人と接する仕事: バイト探しチュ~なら【バイトル フード系の仕事:バイト探しチュ~なら【バイトル オフィス系の仕事:バイト探しチュ~なら【バイトル 汗をかく仕事:バイト探しチュ~なら【バイトル 高収入の仕事:バイト探しチュ~なら【バイトル

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
サブコンテンツ

このページの先頭へ